円が安くなるのはメリットばかりではありません。メリットの対にはデメリットが必ずついてまわります。円安も例外ではありません。

 

典型的なケースは、外国からの商品やサービスの価格が高くなるという現象が起きてしまいます。

たとえば海外旅行を計画しているケースの場合、円安はかなり不利な状況をつくりだしてしまいます。

 

まず、一つが両替の問題です。

たとえば、海外旅行へ行くために、その国の通貨と円を交換しなければなりませんが、1米ドル100円のときには、1万円で100米ドル1枚と交換できました。しかし、1米ドルが120円になったらどうでしょうか。1万円では以前のように100米ドル1枚を得ることはできません。1万2000円を支払わなければ100米ドルと交換できないわけです。つまり、米ドルを変えるのにたくさんの日本円を支払わなければならないということになります。

 

また、円安になると海外からの輸入商品の価格が高くなります。1個が1000米ドルのブランドもののバッグを販売しているとしましょう。1米ドル100円だったときには、店頭で10万円で販売していました。ところが、何かの事情で円が安くなったために、1米ドルが110円になってしまいました。そうすると、店頭でいままで10万円で売られていたバッグの価格は、11万円に値上がりしてしまいました。実際には、店側の経営努力で、円安になっても価格を据え置くところがありますが、ここでは分かりやすくするために、円安の影響がもろに店頭価格に響くことを前提にしています。

そうなると、これまでは10万円で買えたバッグが、11万円を払わなければ買えなくなってしまいました。つまり、たくさんの円が必要になってしまったわけです。

 

日本は資源やエネルギーが欠乏しているため、海外から食品や石油等を輸入しています。そのため、為替相場の変動が即座に商品に影響してくるという運命をもっています。このことは、個人のレベルから事業体のレベルまで、様々な分野で影響を被ることになります。そのため、円安になると海外からの輸入品が値上がりし、私たちの生活に悪影響をもたらしてしまうのです。輸入企業は従来より高い価格で商品を購入しなければならないために仕入れ価格が上昇します。また、店頭で海外からの商品を販売している企業は円安を価格に転化して商品価格を向上させる必要があるので、その商品価格が高くなっても人気の商品であれば、業績の向上につながりますが、価格高騰で売れなくなるというリスクもはらんでいます。

一般の百貨店やスーパー等で販売されている食料品や、石油等からつくられている商品は数が多いことから、円安によって輸入価格が上昇すると、企業にとっても、個人にとっても大きな損害を被ることになります。これが円安の大きなデメリットといえましょう。

 

トラックバック | コメントのRSSを取得

コメントする

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント