海外の通貨に対して円の価値が下がるという、円安になったときのメリットをもっとも享受するのは、海外へ製品を輸出している輸出を中心としている企業です。円安は、輸出企業にとって神風のようなものです。

 

たとえば、自動車メーカーは国内で販売しているのはもちろんですが、海外へ輸出もしています。それも毎年、大量に自動車をアメリカやヨーロッパ等に生産・輸出をしています。そのときの収支決済は、アメリカなら米ドル、ヨーロッパだとユーロ、イギリスだとポンドをベースに決済が実施されています。

 

そうすると、自動車1台をアメリカでは2万米ドルの価格で販売したとしましょう。そのとき、1ドルが100円だったとします。自動車が1台売れるごとに自動車メーカーに入ってくる収入は、200万円となります。

 

ところが、ある日、1米ドル90円になったとします。円の価値があがり、円高が起こったわけです。そうなると、自動車1台の価格である2万米ドルが日本円になおすと、180万円という価格で計算されることになります。1台売るごとに200万円入っていた収入が180万円と、20万円の減額になってしまうわけです。

 

その逆に、1米ドルが100円から110円という円安になったとします。これまで1台売るごとに200万円の収入が入ってきたのが、円の価値が下がったために、1台売るごとに220万円で売れることになりました。つまり、円安になったおかげで自動車メーカーの収入が、それだけ上昇したことになります。

 

日本の経済を支えているのはいまだに輸出を中心とした企業や産業です。円が外国の通貨に比べて相対的に安くなる、低くなる、つまり円安になることは、輸出を中心とした企業の業績が向上すことになり、日本経済は発展するということになります。ですから、輸出産業にとっては、円安はもっとも歓迎する現象なのです。

トラックバック | コメントのRSSを取得

コメントする

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント